Voicy Journal

音声配信(ネットラジオ)で月30万円稼いだ話 – しゅうへい@ボイスブロガー

音声配信(ネットラジオ)で月30万円稼いだ話 – しゅうへい@ボイスブロガー

この記事は、Voicyパーソナリティしゅうへいさんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

音声配信で30万円!その内訳は?

音声配信で月30万円稼ぐことができました。これは2020年11月の数字ですね。今日は月末ということで、どれくらいになったのかなと計算してみたら大体30万円。今日またちょっと増えてると思うので、もしかしたら35〜40万ぐらいにいく可能性がありますね。今日はその音声配信、ネットラジオで月30万円稼いだ方法ということで、本当にリアルタイム、タイムリーな内容でお話ししたいなと思います。

まず内訳ですね、どういう内訳で月30万円になってるのか。「お前それ月30万円の中にTwitterのスポンサー代とかKindleの出版費用とか印税とか入れてんじゃねーの?」ってことですけど、音声と音声関連収入ということになってます。

内訳を全て言うと、まずVoicyのプレミアムリスナーというものがあります。これが月額1000円。Podcastで聞かれてる方やSpotifyで聞かれてる方はですね、僕はVoicyというところでも配信してるんですけど、そこにはプレミアムリスナー、月額課金というものがあります。月額1000円僕に課金してもらうと1日1本プレミアムの放送が聞けるということです。通常放送とプレミアム、1本ずつ聞けるようになるということなんです。

それが月額1000円でやってまして、現在80名ほど参加していただいております。80人×1000円で、ここに手数料20パーセント(プラットフォーム手数料15%、決済手数料5%)がVoicy社に支払われますので、残り引くと1人当たり800円が僕の方に入ってくるわけです。これを計算すると大体64000円ぐらいなるわけですね。これがまず一つめ。月30万円の6万ちょっとはプレミアムリスナーから入ってきているということです。

続いてもう1つは音声メディア研究サロン、Podcast Laboというのをやってます。これは音声配信をやっていきたい人、頑張っていきたい人、マネタイズしたい人が集まっている。こちらが12月継続分というところで約40名以上の方が継続するということで、ザックリですけども10万円ぐらいになってるということです。これは要するに音声メディアのサロンです。音声配信、ネットラジオに特化したサロンなので音声配信関連収入。VoicyやPodcastでパーソナリティをしていて、1日で言うと1500人から2000人ぐらいが聞いてくれてるわけです。そういう実績があるので出来てる。なので音声配信関連収入ということで入れております。これで2つめです。

3つめは何かと言うとAmazon Audibleアフィリエイト収入です。 Amazon Audibleって放送でも何回も言ってますが、実はアフィリエイトになってます。ずっと前から言ってるんですが、1件、皆さんが無料体験することによって僕に1500円の収入が入ります。これ11月にちょっとハネてですね、ざっくり14万円になってる。この6万円と10万円と14万円を足すとざっくり月30万円になってるということです。

これが内訳です。Voicyのプレミアムリスナー、オンラインサロン、Audible ということですね。

音声で稼ぐ仕組みはどう作る?

これを聴くとなんとなくイメージが出来ますが、じゃあどういうふうに作っていたのかということですね。具体的には2年間Voicyのパーソナリティをやっておりますし、PodcastであったりSpotifyへの配信は今年に入ってからです。今年に入ってだいたい5ヶ月ぐらいやってるのかな。 Podcastの累計配信回数は900回を超えています。2018年の10月からスタートして約2年のキャリアがあるということですね。

それでコツコツやっていったことによってVoicyのリスナーさん、フォロワー数で言うと約22000人ぐらいになってます。1日で言うと1500人から2000人が聞いてくれるんです。もちろんトップユーチューバーとかに比べると非常に少ないですが、セミナー会場で1000人、2000人を想像するとすごく多いですよね。しかも1人当たりだいたい20分ぐらい聞いてくれるんですよね。僕のラジオを。これは滞在時間としては大きいです。ここがYouTube やブログと違う。もちろんそれはながら聞きや移動時間とか、何かしながら聴いてくれてるのがあるんですけどね。

そういうふうにコツコツと配信してきて、どういうふうに月30万円までたどり着いたかというと、ゼロ円の期間がめちゃくちゃ長いです。稼ぎはじめたのは最近です。今年に入ってから。とはいえ、もちろんVoicyやPodcast 経由で講演会にきてくれたりとか、僕の商品を買ってくれたり、 Amazon Audible のリンクを踏んでくれて無料体験してくれた人はいるんですが、安定的な収入となってるのは本当に今年に入ってからだし、この数ヶ月ですね。なのでゼロ円の期間がすごく長いということです。それがまず内訳と、どういうふうにやってきたのかということですね。

音声配信で稼ぐことのメリットとは?

音声配信で稼ぐメリットってどういうことがあるのか。これを聞いて「自分も音声配信やってみようかな」とは思うけども、じゃあブログやYouTube と具体的に何が違うのかってことですね。僕が実際にやってみて思ったのが音声配信は自分の時間が少なくてすむんです。

例えばですね、皆さんマクドナルドで1日1万円を稼ごうと思えばかなりの時間がかかりますよね。時給800円でマクドナルドだと12時間ぐらい働かないといけませんよね。これをYouTubeやブログでマネタイズするイメージとしましょう。

音声配信によって稼ぐイメージはですね、マクドナルドの時給が1時間5000円みたいなもので、2時間働けば1万円になっちゃう感じ。通常のネットビジネス、ブログだったりYoutubeだったりしたら時給800円。時間単価が低い。音声配信でいけば時給5000円みたいなイメージです。

実際に僕のVoicyのプレミアムというのは1日10分の収録時間で月6万円ぐらいになってます。計算すると分かるんですが、僕は5時間ぐらいしかかけてないんです。5時間で6万円ということは時給で言うと1万円ちょっとですかね。だから時給1万円ってかなり高いですね。キーエンスでも時給8000円とかなので、そういう有名な時給が高い企業を超えてるということです。

音声配信っていうのはなぜそういうふうに時給が高くなるのか?ということなんですが、これも単にコンテンツ制作のリソースが少なくて済むということです。話してアップしたらおしまいで、基本編集してませんね。海外の Podcaster とかだとちゃんと音をつけたりとか編集したりとかする人もいるらしいんですが、僕はこのVoicyも一発録りだしPodcastも一発録り。たまに間違ったり微妙だったときは消したり戻って撮り直したりとかしますけど。基本的には YouTube とかと違ってスタジオで撮影とかカメラで撮って編集していうことをしなくていいわけです。時間単価が高いということですよね。ざっくりと音声配信で稼ぐメリットにはそういうところがあります。

だからこれから皆さんがやると良い理由としては、リソースが少なくて済むということと、話すだけでいいのでわりかし楽だったりもするんです。あとはこれから伸びると言われてまして、アメリカでは Podcast が今グングン伸びています。日本でもその流れが数年遅れて入ってます。ブログブームとか YouTubeもアメリカから数年遅れて入ってきてるので、次は Podcast に来る。早めに始めておくと波に乗れるということ。

今日は音声配信で月30万円稼いだ方法ということで、ざっくり内訳と音声配信のメリットを配信しておきました。ぜひ参考にしてみてください。

Voicyではパーソナリティを募集しています!この記事を読んで「Voicyのパーソナリティとして話してみたい!」と思った方は、こちらからご応募お待ちしております。

Return Top