Voicy Journal

Voicy飛躍の2018年を振り返る

Voicy飛躍の2018年を振り返る

あけましておめでとうございます!Voicy代表の緒方です。
2018年は多くの方に助けられ、また多くの挑戦ができ楽しくエキサイティングな一年でした。

2019年の1月、株式会社Voicyのスタートは20人。2018年の1月は4人目が入社して社内が沸いてたことを考えると5倍の人数になりました。セミコミットで参加してるメンバーも入れると25人を超えました。

「はっ?音声?大丈夫?そんなので起業して」
「使う人はいるかも知れないですね。動画や文字には勝てないでしょ」

と言われ続けていたのはまだこの2018年の1月でした。そこから多くのコンテンツが生まれて、Voicyらしい独特な世界を作り込んできました。(ぜひTwitterで #私にとってのVoicy2018で検索してみてください!多くの人の素敵な感想が見れます。社員一同感動していました。)サービス利用者がほぼ一部の人だけだったメディアが100万人を超えるユーザーを持つに至る1年を振り返ってみたいと思います。

 

2018年1月 2017年ずっと声の魅力と可能性を考え続け、音声の未来をイメージし続け、はあちゅうさんやイケハヤさんなどインフルエンサーを筆頭に多くのパーソナリティが流入、サーバーが落ちまくるくらいサービスが伸びサービス初のバズるを経験!社員総動員で寝ずに対応したなぁ。

Voicyを「温かい声のニュースアプリ」から「声のブログ」と方向性をかえて、もっと気軽に発信者の考えや思いが届くテイストにしました。

 

2018年2月 多くのエンジェル投資家から2800万円の資金調達を発表して会社のサポーターが増えました。ICCというベンチャーイベントにも登壇し、Voicyってベンチャーがあるんだー!くらいにはなってきた頃ですね。

 

2018年3月 Voicyが初めてのマネタイズ、スポンサーを募集しました。今までにないコンテンツに口出しできないパーソナリティファーストのスポンサーモデルを提案し、累計16社のスポンサーとパーソナリティをマッチングしました。Voicyの放送に企業が価値を感じてくれました。これは嬉しかったなぁ。

 

2018年4月 VoicyファンがVoicyについて語るメディアVoicyファンマガジンをnoteで公開。いろんな視点からパーソナリティの魅力を届けるようになりました。ここのデザイン好きなんだよなぁ。

2018年6月 Voicyの未来や組織の魅力を語る Voicy Journal (ボイシージャーナル)を公開。僕の思いを語った記事はかなり多くの方に好評いただきました。これはゼロから若いメンバーに丸投げして、「もっと素敵なもの作れる!」って言いまくってちゃぶ台返しをしまくり、みんな苦しみながらも作り上げた自信作です。充電期間に入っていましたが、2019年から再始動していきます。

Voicyで体現したかった大切な信念について

 

2018年7月 オフィス移転。15坪のオフィスに14人いる常時酸欠で「ちょっと後ろ通ります!」ができないほどの環境だったので、なんとか渋谷の激安ビルを見つけてなだれ込みました。移転したら多くの方が机やモニター等色々送ってくださって、愛情を感じながら新しいオフィス生活がスタート。

2018年8月 Voicyのファンをもっと巻き込んでサービスを作っていこう。素敵なコミュニティを作れる会社になろう!ということで、Voicyを一緒に作るコミュニティとして Voicyファンラボと支えてくれるメンバーの Voicy応援団を立ち上げました。これはほんとにすごいやってよかった。ファンのパワーが会社もサービスも大きく支えてくれました。これはいまも投資家や周りの企業からビックリされるVoicy自慢の仲間たちです。

 

2018年9月 Voicyサービスリリース2周年記念。パーソナリティやリスナーに感謝しつつ、ここまで怒涛の日々を付き合ってくれている社員にも感謝です。お花はファンラボのメンバーが手配してくれました。ありがとう。ちなみに裏ピースマークは2周年ではなくVoicyのVのポーズです。

2018年10月 今後も伝説になりそうなVoicyファンフェスタ。1枚2000円600枚のチケットを広告無しで完売、更には前日に無料化してファンをビックリさせたイベント。とにかくギブをするぞとコミットしてほとんどお手製のイベント。多くのパーソナリティのコラボイベントがtwitterトレンドでも1位になるくらい盛り上がり、終わったあともお礼のメッセージを沢山頂いて感動しました。

 

2018年11月 CTO of the year のオーディエンス賞にエンジニア窪田が受賞!イベントごとに出るのが僕ばかりだったところから他のメンバーにも光が当たるのは本当に嬉しい。もっとみんなが活躍できる会社を目指します。

 

2018年12月 Designship というデザイナーの大きなイベントに・デザイナー京谷が登壇。京ちゃんは2018年1月入社の4人目で今年一緒に戦って徹夜でプレゼン資料とかページデザインも作ってきたメンバー。音声のデザインとVoicyの未来を語りすごく良いプレゼンテーションで感動しました。

京ちゃんは今VUIなどの音声デザインのみならず、スタートアップの組織デザインも含めて会社全体をデザインしてます。おかげで温かく笑顔が多いのにみんな必死で成長するナイスな会社になれていると思います。ありがとう!

 

2018年12月 もっと社員にギブできることはないかなと、今年はVoicyの社内勉強会を充実させてきました。特に12月は色んな会社から僕が今まであった素敵だと思う人にお願いして、社内で対談をさせていただきました。

appbank創業者の村井さん
THE GUILD代表の深津さん
Shiftall代表の岩佐さん
テモナCTOの中野さん

他にもいろんな会社のCTOや事業部のトップの方に来ていただき様々な角度からお話を聞いたり相談に乗ってもらって、音声の未来や会社の未来を考えました。毎回終わったあとの社内の熱量はすごいことになります。村井さんの会は外部にも公開し好評だったので、今後外部にも勉強会を公開していこうと思います。

また、この一年で多くの企業さんもご一緒していただけました。

Voicyにてコンテンツを作ってくださってる企業さんとして、野村證券・マネックス証券・野村アセットマネジメント・NTTレゾナント・セントフォース・松竹・WOWOW・文化放送・中京テレビ・毎日新聞・スポニチ・コルクなど

 

Voicyからコンテンツを出しているデバイスとして、google home、amazon Alexa、Line clova、ロボットunibo、ロボットboccoなど

本当に多くの企業さんとコラボさせていただきました。2019年は更にびっくりするような企画が盛り沢山です。

いやーいろんなことしたなー。毎月のようにビックリリースしてたなー。社員メンバーも毎月パワーアップしてるのを感じるし、オフィスで御飯作って食べたりもしてるもんだから、Voicy社内は時空が歪んでると言われるくらい濃密な時間をみんなで過ごしました。

ゼロからサービス・文化・市場から立ち上げて、同時並行で事業と会社を立ち上げていくという無理難題と必死で格闘してきました。その中で常に、「人が喜ぶ価値を生んでいるか」「素敵だと思えるアウトプットか」「とにかくまずギブをすること」にこだわってやってきました。これでよかった、、はず!

今年はアプリとサービスの大リニューアルを企画しています。10倍素敵なサービスにするため、組織のパワーも10倍にしようとしています。またVoicyファンフェスタなどのイベントも実施する予定です。さらに素敵なメンバーを集めて、大きく勝負に出ます。Voicyの2019年を楽しみにしていてください!

そしてVoicyは絶賛採用強化中です。一緒に2019年の冒険をしたい仲間を募集しています。新しいマスメディアと、産業を一つ丸々立ち上げて人々の生活を変える、誰もやってない挑戦を一緒にできる方は是非お話しましょう。

この記事を書いた人

Voicy代表取締役CEO緒方憲太郎
関西で生まれ育ち、大阪で公認会計士として働く。29歳で1年かけて地球を2周放浪後、ニューヨークで2年働き、その後東京で数百のベンチャー企業をビジネスデザイン等で支援した後、音声ITベンチャーVoicyを起業。
新しい文化と価値を社会に生む会社を、とにかく楽しく一生懸命働くメンバーで作っています。
Return Top