Voicy Journal

教育系スタートアップでのCTO経験者が「音声の未来にかける想い」

教育系スタートアップでのCTO経験者が「音声の未来にかける想い」

「Voicyってどんな人が働いてるの?」

こんな質問をよく受けるので、Voicyで働くメンバーのインタビューを不定期で紹介しています。

今回登場するのは、2019年7月に新たにVoicyに仲間入りしたエンジニアの青木 啓剛。前職である株式会社葵では執行役員CTOを務め、中学生・高校生向けの教育アプリ「アオイゼミ」の開発を推進してきました。Voicyの魅力や、これからチャレンジしたいことなどをお伝えします。

こちらの記事を声で楽しむことができます

Voicy上のチャンネルでも青木が熱い想いを語っています。彼の人柄を感じながら、Voicyのことを知ってみてはいかがですか?


現在までのキャリアについて教えてください

社会人としての最初のキャリアは大手携帯通信企業での営業職でした。7年ほど営業として働いていましたが、サービス開発に携わりたいという想いが大きくなり、小さな会社を作ったことがスタートアップ業界に飛び込んだきっかけです。

2人目のエンジニア社員としてジョインした葵には最終的に5年ほど所属しました。エンジニア・デザイナー組織の立ち上げを経てCTOになりましたが、正直最初はわからないことばかりでしたし、試行錯誤の連続でした。その後2017年に通信教育のZ会グループに買収されましたが、現在も葵は独立した会社としてサービス提供を続けています。

アオイゼミでは、ユーザと近い距離感でサービスづくりをすることをずっと心がけてきました。利用者である中学生・高校生を会社に来てもらってインタビューをしたり、機能改善のアイデアを出してもらったり、そういった活動をプロダクト改善につなげる取り組みができたことは大きな財産です。

「ある人の、ある課題を解決してあげられるサービス」を作ることに関心があり、大学時代から今までずっと私の興味の中心になっています。

Voicyへ入社したきっかけを教えてください

同じサービスの開発を5年続けるうちに、新しい領域でチャレンジをしたくなりました。そんな中でいくつかの会社に足を運んで話を聞いていたのですが、音声の未来に人生を賭けてみたくなったんですね。

ふと思い返してみると、人生のふとした瞬間に「声」の存在が身近にあったこともひとつの理由です。大学時代の卒業研究で音声でコミュニケーションするデバイスをデザインしていたら、それがNHKのテレビ番組で取り上げられることになり、BSに出演したこともありました。

また、Voicyには一日一緒に働いてみる体験入社の制度があるのですが、そこで関わったメンバーの熱量や想いに触れたことも大きかったです。体験入社の一日を終えたあとで、この会社が次の自分のステージだなと直感的に感じていました。

これからVoicyで何をやっていきたいですか?

まだまだ規模の小さいスタートアップなので、あまり職域とかにこだわらず、必要とされることは何でも取り組んで行きたいと思っています。それこそ、気持ちとしてはビジネスサイドが手薄であれば営業にでも行く決意です。

とはいえ、直近のタイミングにおいては「プロダクトの価値向上」と「開発組織づくり」に注力する予定です。

これまでのVoicyは会社規模としても小さかったので、あまり開発プロセスや組織設計などを意識しなくても成長することができていたと思います。しかしながら、これから会社のビジョンである「音声×テクノロジーでワクワクする社会を作る」を実現するにあたっては会社としてもより大きくなっていく必要があると考えます。

私としては前職で開発組織をほぼゼロからつくってきた経験を生かして、よりエンジニアやデザイナーが開発しやすい環境づくりに注力していきたいです。

Article content
※Voicyでは社内勉強会を頻繁に行っています。
職種を問わず気軽に参加できます。

どのような人と一緒に働きたいですか

2つあります。ひとつは「仕事の境界線を超えて行ける人」です。事業やサービスの形もまだ流動的な状態ですので、単一の職能で卓越したスキルを発揮する人よりは、複数の領域にまたがって質の高いアウトプットを出せる人が活躍できるフェーズだと思います。

もうひとつは「チームで新しい価値を届けることに本気になれる人」ですね。新しい技術にしても、素晴らしいビジネスプランにしても、ひとりで挑戦していては世の中に与えられるインパクトは限られます。チームで働くための土壌づくりから一緒になって楽しめる人と働きたいし、もっとそういう人が増えてくれる会社にしていきたいですね。

Voicyでは現在すべての職種で積極採用中です。エンジニアでもビジネスでもVoicyに興味もってくれた人は話を聞ききてくれるだけでも構いません。お気軽にご応募お待ちしています。

Article content

株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

Return Top