Voicy Journal

音声のリーディングカンパニーとして最高の体験をデザインする – #Voicyアプリリニューアルの舞台裏

音声のリーディングカンパニーとして最高の体験をデザインする – #Voicyアプリリニューアルの舞台裏

わたしたち株式会社Voicyは2019年の2月をもって4年目に突入し、先日、大型の調達を発表することができました。

そしてこの度、Voicyの出発点である「ボイスメディアVoicy」のアプリフルリニューアルプロジェクトがついに始動しました!

今日はリニューアルに至った経緯についてお話したいと思います。

なぜリニューアルするのか?

ボイスメディアVoicyには現在2つのアプリがあります。

まず、普段リスナーのみなさんがつかっている「再生用アプリ」。そして、配信者であるパーソナリティのみなさんがつかう「録音用アプリ」の2つです。
つまり、フルリニューアルとなるとその2つのアプリをつくりなおすことになり、社内の各所から小さな悲鳴が上がりそうなくらいに大変な労力がかかります。

それでもわたしたちがフルリニューアルを選んだ理由は大きく3つあります。

・音声のリーディングカンパニーとして「これぞ音声のサービス」と言われるような独創的な体験を目指す
・徹底的なパーソナリティファーストのコンセプトを貫き、最高の体験を提供する
・これまで届いた多くのご要望を、素敵な体験と共にアプリに取り入れる

この3つを実現するためにわたしたちはフルリニューアルプロジェクトを立ち上げました。

音声のリーディングカンパニーとして「これぞ音声のサービス」と言われるような独創的な体験を目指す

ボイスメディアVoicyは2016年9月にリリースされました。

「ITサービスなのに温かい、ワクワクする、そして当たり前のように生活の一部になるようなプロダクト」というのがVoicyのサービスの出発点であり、ボイスメディアVoicyはまさにそれを体現したサービスとして、たくさんの人に使ってもらえるようになりました。

「パーソナリティの発信が簡単にできる」
「リスナーが簡単に聴くことができる」

そんな、生活の一部として自然に溶け込むサービスを目指し・実現してきたVoicyですが、わたしたちが音声のリーディングカンパニーとして次のステージに進む今、「これぞ音声のサービス」と言われるような独創的な体験を目指すためにゼロからアプリもWeb版も体験から全てをつくりなおすことを選びました。

徹底的なパーソナリティファーストのコンセプトを貫き、最高の体験を提供する

わたしたちは、サービス初期の頃から常に「パーソナリティファースト」を徹底しており、初めてのマネタイズ・スポンサーを募集した頃にもお話をさせていただきました。

パーソナリティファーストの考え方は、弊社代表である緒方の「面白いコンテンツがなければ新しい文化なんて絶対に作れない」という確信から導かれたものでしたが、実際にボイスメディアVoicyをつくっていく中でわたしたちも確実に感じています。

パーソナリティにとって最高の録音アプリをつくることは、必ずリスナーのみなさんの最高の体験にも繋がります。

現在の録音アプリもこのコンセプトに基づき、「簡単に録音ができ、簡単に配信できること」を意識してつくられていますが、この体験、もっともっと素敵な体験にできるとわたしたちは考えています。

絶対にブレない「3つの杭」を打ち出す

「素敵な体験って、いったい何だろう?」

これはわたしたちが常に考えていることです。

今回、録音アプリでの素敵な体験を設計していく際に、わたしたちはまず録音アプリのプロジェクトではたくさんある実現したいことの中から3つを絶対にブレてはいけない杭として打ち出しました。

この杭が打たれているかどうかはとても重要です。様々な機能を考え・検討し、設計していく中で起きてしまうズレを防ぐことができます。

録音アプリと再生アプリのコンセプトや想いについてはまた改めてお話したいなと思っています。

アプリリニューアルもさらけ出します!

わたしたちがどんなことを考え、どんなサービスとしてボイスメディアVoicyを磨き上げていくのかを「Voicyアプリフルリニューアルの裏側」として今後もできる限りリアルタイムに!このnoteで届けていきたいと思っています。

Voicyが大好きなユーザーのみなさん、最高なコンテンツを発信しVoicyを楽しんでくださっているパーソナリティのみなさん、ぜひこれからのVoicyに期待していてください!そして、引き続き応援していただけると嬉しいです。

・・・

絶対に妥協しない最高のサービスをチームでつくりあげる

先ほど、「2つのアプリのフルリニューアルはめちゃめちゃ大変!みんな悲鳴あげちゃう!」と言いましたが、実はVoicy社内はこのプロジェクトによりさらに活気付いています。わたしもみんなも超楽しんでいます。

やっぱり「一大プロジェクトに関わることができる“ワクワク”」と「大好きなサービスが変化するステージに立ち会う“ドキドキ”」そして、「誰も挑戦したことがない5感に訴える体験に挑戦できる」なんて最高にエキサイティングですよね……!クリエイターのみなさんはもちろん、制作に携わったことのある方ならばきっとこの体験が貴重であるということもわかっていただけるのではないでしょうか。

Voicyで一緒に最高のサービスをつくりませんか?自信のある方、ぜひお待ちしております!

Return Top