Voicy Journal

「ボドゲにはスタートアップで働く上で必要なことが全部詰まっている」Voicyボドゲ部が語るスタートアップとボードゲームの共通点とは

「ボドゲにはスタートアップで働く上で必要なことが全部詰まっている」Voicyボドゲ部が語るスタートアップとボードゲームの共通点とは

※この記事はフェイクインタビューです※

「Voicyってどんな人が働いてるの?」
こんな質問をよく受けるので、Voicyで働くメンバーのインタビューを不定期で紹介しています。

今回登場するのは、Voicyボドゲ部の若きエース。
「ボドゲもできない人に、ユニコーンは作れませんよ」と豪語する部長ホシノと、
「ボドゲ3つだけを抱えて出社した」伝説をもつ副部長アベの二人に話を聞いてみました。

本日話を聞くお二人のプロフィール

▼ホシノ(部長)
好きなゲームは、ドミニオンとDixit。 ボードゲームだけではなく、テレビゲームの腕もかなりのモノ。 スマブラの練習の合間で、株式会社Voicyの事業計画を策定したりもする。

▼アベ(副部長)
好きなゲームは、ナショナルエコノミーとチューリップバブル。 基本的にタクティクスゲームが好みで、運要素の強いゲームは苦手。 ボドゲ研究の片手間で、株式会社Voicyの新規事業開発にも手を染める。

※繰り返しますが、この記事はフェイクインタビューです※


ゲームの特性を理解し、自分の持てる武器で勝負すること

ホシノ:
「まずはボードゲームの魅力について語ってくれ」と頼まれたのですが、なんかあります?

アベ:
うーん、「ボドゲとは何か?」という定義などは読者のみなさんに勝手にググってもらうとして、基本的に総合格闘技みたいなものだと思っています。

ホシノ:
その心は?

アベ:
ゲームの種類にもよるのですが、戦略性・運・度胸・交渉力・場の流れを読む力など、あらゆる力が総合的に求められるところとか似ているな、と思っています。単なる一点特化でも勝てないですよね。あるいは、場合によっては初心者でも上級者に勝てるときがあったりとか。

ホシノ:
たしかに、ゲームによって、どの要素が強いみたいなところは違いますね。

アベ:
勝つという目的のため、ゲームの特性を理解し、自分の持てる武器で勝負する、といったところがあります。このあたり、仕事やキャリア形成における考え方と本質的にはあまり違わないかな、とか考えています。

ホシノ:
ひとつ付け加えると、僕が個人的に好きなのは最後まで勝ち自体にこだわれることですかね。日常生活で、ここまで勝つことだけに全力を注ぐことってあまりないと思うんですよね。

アベ:
うちの部長はとにかく勝ちにこだわりますからね。その割に、僕の方が勝率は高いのですが(笑)

ボドゲ部・村田も参加中

ホシノ :「絶対にゆるさない」

深い思考と速い実行のバランスが最重要のファクター

ホシノ:
今日は【10秒ブロックス】という競技をやっていました。この競技の場合、戦略性と判断のスピード感のバランスが求められます

アベ:
10秒ブロックス弱い人は、スタートアップ向いてない説

ホシノ:
それはいささか暴論ですが、理解できなくはないです(笑) 基本的に、ボドゲで勝つために求められる要素って3つあると思っています。①意思決定のスピード、②将来を見通して戦略立案する力、③少ない情報の中で確実に決断し、実行していく力の3つです

①スピード感ある意思決定
②戦略立案力
③決断&実行

アベ:
我々は、これはそのままスタートアップにも当てはまると思っています。素晴らしい将来像をいかに描けていても、スピード感がなければ、他社に先にやられてしまうということは往々にしてありますよね。一方で、目の前のことに対処するばかりで、足元の施策だけやり続けていても、「結局どこを目指したいんだっけ?」というものがないと軸がブレてきます。

ホシノ:
結局、考えるところと素早く実行するところのバランスが、ボドゲでもスタートアップでも最重要なのかなーと。

アベ:
たまには部長らしいこと言いますね、僕より弱いのに。

ホシノ:「絶対にゆるさない」

音声市場とボドゲ部を、一緒に盛り上げる仲間WANTED?

ホシノ:
今後Voicyボドゲ部としてやっていきたいことを聞きたいとのことですが。

アベ:
ありすぎて困りますね!まずは、まだまだやりたいゲームの5%もできていないので、メンバーをどんどん増やしていきたいところではありますね。

ホシノ:
ですね。あとは、次の部費調達に向けて、より社内でのブランド力を増していきたいです。
※編集部註:そんな制度はありません

アベ:
たしかに『ボドゲ部に入ってる人はイケてる』みたいなポジショニングは積極的に取りに行きたいですね

ホシノ:
あとはやはり勝ちにこだわりたい!部員にも、未来の部員にも絶対に負けたくないですね。『我こそは!』という方がいれば、是非一戦交えたいので、採用ページから応募していただけると嬉しいです。音声市場とボドゲ部を、一緒に盛り上げていきましょう!

アベ:
大きくでましたね、僕より弱いのに。

ホシノ:「絶対にゆるさない」

最後に

「まだまだやりたいゲームの5%もできていない」Voicyボドゲ部ですが、
我々株式会社Voicyもまだまだやりたい事業の5%もできておりません!

そんな可能性に満ち満ちた荒野で、共に戦ってくれるメンバーを大募集中です!!

株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

Return Top