Voicy Journal

スタートアップの事業会社でデザイナーは、図らずとも越境を経験できる

スタートアップの事業会社でデザイナーは、図らずとも越境を経験できる

こんにちは。Voicyデザイナーの京谷です。
11月23日、24日の2日間に渡って開催されたDesignship2019に参加して、様々な領域でデザイナーとして活躍される皆さんのお話にたくさんの刺激を受けました。

特に、グロービズの田久保さんとTakramの田川さんとのコラボセッションでは、これからのデザイナーのキャリアにも触れられていて自分が今後どのようなキャリアを築いていきたいのか改めて考える良い機会をいただいた様に感じています。(『イノベーションとデザイン』田久保 善彦氏 × 田川 欣哉氏 #Designship2019

そこで大企業からスタートアップに転職してもうすぐ2年経とうとしてる私が、この2年で学んだことや変化について振り返ってみたいと思いました。

※ この記事はVoicyのデザイナー京谷のnoteからの転載です。他にも記事を書いていますので、ぜひこちらもご覧ください!

境目があったことすら気づかなかった

Designship2019のコラボセッション、グロービス経済学院の田久保さんと Takramの田川さんのお話の中で「越境」という言葉が何度も出てきました。(Designshipの大きなひとつのテーマでもある)
簡単に言うと、「これから必要とされる人材は一本の専門性の軸だけではなく、複数の領域にまたがったスキルを持った人だよ」という話。たとえばビジネス×デザイン、 テクノロジー×デザインのような掛け合わせのスキルを持った人。BTC人材とも言われていますね。(詳しくは田川さんの本を読みましょう

ここまで整理して、今のVoicyでの自分の働き方を振り返ってみます。
私の専門領域はUX/UIデザインで、得意なことは

・ユーザーリサーチからインサイトを探ったり、体験のシナリオを設計すること
・アプリを0→1で設計すること

Voicy4人目の社員(現在約30名)初めてのデザイナーとして、「音声の体験デザインするぞー!!」「プロダクトを良くするぞー!!」と鼻息荒く入社しました。

そんな私がVoicyにジョインしてからやってきたお仕事たち・・・

デザインの業務

・Voicyweb版のデザイン
・アプリのデザイン
・CIリニューアルプロジェクト
・音声体験のデザイン(スマートスピーカーのスキル開発など)
・会社のビジョンを可視化し、対外的なプレゼンテーション資料等に落とし込む

デザイン以外の業務

・企業への営業
・メディアを巻き込んだコンテンツ開発
・ユーザーさんからのお問い合わせに対応するカスタマーサポート
・パーソナリティさんとのコミュニケーション、サポート
・採用担当者として採用フローの構築、組織図づくり
・会社ブランディングとして勉強会の企画と運営
・ボイスメディア事業の責任者として戦略を立てる
・500人規模のユーザーイベントの企画と運営

私UX/ UIデザイナーとして入社したんだっけ?と自分でも忘れそうなくらいいろんな仕事をやりました。

デザインに関する業務以外のことも、エンジニアリングと経理以外ほとんど全部経験したのではないでしょうか。
「越境」というより境目に気づかず、必死にこなしていたらいつの間にか超えていたのです。
会社のビジョン達成のために、自分ができることは何でもやりました。

名称未設定アートワーク_12

様々な業務を通じて自分の軸となる素質に気がつく

一般的な会社で言う、人事・事業開発・経営企画・カスタマーサクセス・営業・デザイン・・の仕事を一通り経験して、ひとつ自分の軸が見えてきました。

「人の気持ちに寄り添ってデザインすること」

UXデザインの経験の中で、ユーザーのコンテキストに寄り添ったアウトプットをずっと心がけてきました。それがどの業務を行うときにも活きていた気がします。

人事採用をやるときも、「採用候補者さんのキャリアというコンテキストの中で、Voicyがどのような価値を付加することができるか」を考えたし、カスタマーサクセスでも「ユーザーさんの成功体験がなにか」をユーザージャーニーを整理しながら計画しました。

デザインした結果、アウトプットがプロダクトのときもあれば、採用フローのようなものであるときもある。

あれ、UXデザイナーってもしかして最強の職業なんじゃないのかな?!

専門領域に戻ってきたときに見える景色が違う

ありがたいことに、Voicyも、優秀な方が次々とジョインしてくれて、やっと会社らしい組織体制になってきました。

ようやく「デザイナー専任に戻っていいよ」と許可をもらえました。笑
最近はガシガシとプロダクトの現在と未来を考えてモックアップを作りまくっています。
しかし、2年前の私とは何かが違います。以前から比べると視野が格段に広く。鳥の目のよう!視点がマクロとミクロを行ったり来たりするようになりました。見える景色が全然ちがいます。

ポジショントークでもなんでもなく、心からこの経験をおすすめしたい。UXデザイナーのみなさん、絶対したほうがいいよ!

現在Voicyのフルタイムデザイナーは私一人です。
私だけがこの経験をするのはもったいないなぁーと思う今日この頃です。

一緒に最強のUXデザイナー目指しませんか?!

株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

Return Top