Voicy Journal

声から繋がったご縁で、Voicyスポンサーが決まった話 – ワーママはる

声から繋がったご縁で、Voicyスポンサーが決まった話 – ワーママはる

2019年4月末にVoicyでの放送をスタートし、子育て中の働くママ・パパから相談や共感コメントが絶えない、大人気チャンネル「ワーママはるラジオ」。オンラインコミュニティ「はろこみ」に所属して活動するリスナーも約500名います。

そんな熱いリスナーがいるチャンネルを、株式会社アトラエ(サービス名:Green)が2019年10月から2020年3月まで、スポンサーとして支えてくださっていました。

そして2020年5月からは、新たに「ていねい通販」がワーママはるさんのチャンネルを応援してくださることになりました!(放送を始めてちょうど1周年のタイミングでもあります!)

今回はパーソナリティのワーママはるさんに、新たなスポンサーが決まったときの心境や引き受けた際に考えたことなどを、じっくりとお届けしていきます。

実際にワーママはるさんが放送の「始めの挨拶」でもスポンサーについて触れているので、併せて聴いてみてください。

発信しているワーママリスナーのモデルケースになれたら。

―― 2020年5月から新たなスポンサーが応援してくださることになりました。おめでとうございます!

意外と早くオファーいただきびっくりしました(笑)そもそも昨年10月にGreenさんのスポンサーがついたことも驚きだったので、さらに嬉しいです。

―― たったの数日でオファーが来ましたね。Greenさんが終了する少し前に「一緒に新しいスポンサーを見つけましょう」と話したりもしてましたよね。

GreenさんはVoicyがつけてくださったスポンサーなので、自分でスポンサーを探すというチャレンジも面白いなと思いました。
簡単にいうと、Voicyから私への挑戦かなと感じました(笑)

―― 挑戦に受けて立ってくださったのですね(笑)すぐにVoicyやTwitterでスポンサーを募集されていました。そのときの心境はいかがでしたか?

私は普通の会社員だったので、自分の発信に「スポンサーしてほしい」というのは、お金が絡むし、おこがましいかなと感じていました。既存のリスナーさんの「嫌儲感」を刺激するのではとも思っていました。

それでもTwitterとVoicyのオープニングでスポンサー募集を呼びかけたのは、「人生は応募するところから始まる」という言葉を思い出したからです。「夢を叶えるゾウ」という本にあります。

「アウトプット」にスポンサーがつくというのは、アウトプットされているワーママさんたちの励みになるし、モデルケースにもなるかなと思って呼びかけをしました。

―― 自分を他人の評価のもとにさらけ出すことなので、とても勇気がいることだと思いました。今回呼びかけるにあたり、Voicyのスポンサーをどう捉えていましたか?

Voicyとパーソナリティを応援してくれる存在がVoicyのスポンサーだと考えています。

Voicyのスポンサーは、各チャンネル内で「自社サービスの〇〇をPRしてくれ!」という強いメッセージ性が全体的にありません。
良い意味で、商業的いやらしさは感じさせず、それでもパーソナリティが発する声で聴き続けることで、深く耳に残って心に残る。上手いですよね。

パーソナリティもスポンサーもリスナーも、上手くwin−winになると感じます。

リスナーからスポンサーが誕生。企業メッセージにも共感

―― 今回のスポンサー「ていねい通販」さんからオファーいただいたあと、担当の三好さんとWeb会議でお話いただきましたが、いかがでしたか?

実際にお話する前に、想いの溢れるご説明資料や、直筆のお手紙をいただきびっくりしました。

印象的なのは、三好さんが会社のためにどうこう、というのではなく、「一人の夫」として夫婦関係構築のために「ワーママはるラジオ」を聴いて参考にしているという話でした。

その上で「ワーママはるラジオ」や聴いているリスナーさんを応援したい、と会社にスポンサー申請をされて申し入れしてくださったんですよね。

収まりきらない三好さんのメッセージ。他のリスナーにも負けない「熱量」を感じます。

―― ていねい通販さんのサービス「すっぽん小町」はサプリメントです。気にされるリスナーさんもいらっしゃると思いますが……

私は基本的に、チャンネル内で何かを引用して話すときは、できる限り出典を明らかにするようにしています。

サプリに関しては、もともと私自身がいろんなサプリ(鉄分、ビタミンB、E、プロテインなど)を飲んでいて、Voicyで話すときは「このサプリが万人に効きます」なんていう話はしていません。医薬品と違って、臨床試験をしているわけでもないし、効くかどうかは個人差があるからです。

そのため、オファーいただいてまず始めに、「サプリに関しては効果が人によって違うので「全員に効きますよ」なんてPRはできません」とお伝えしました。

しかしていねい通販さんのお話を伺うと、サプリ「すっぽん小町」の効用を宣伝してくれという話ではなかったので、安心しましたね。

―― Voicyのスポンサーは、お互いに応援し合える関係でないとお断りしています。今回はるさんが決めるにあたって、どんなことを考えましたか?

お話いただいてすぐ、ていねい通販さんの企業について調べました(笑)

ていねい通販さんは「新規顧客〇〇人!売上〇〇億円!」というような数字を表に掲げる企業ではなかったです。

顧客とは「長く深い」付き合いをし、リピートしてくれるお客さんを大事にするために、包装・コールセンター・お手紙・誕生日プレゼントなど、様々な工夫をされている会社さんだと分かりました。
コストもかかりますが、企業として100億円売るよりも100年続くほうが良いという理念は共感しました。

私も「広く浅い」よりも「狭く深い」発信を心掛けていて、ずっと聴いてくれるリスナーさんを大事にしているので、この辺りは合致するなぁと思いました。

聴いてくれるリスナーが元気になるメッセージを

―― スポンサーコール、個人的にはとても素敵なフレーズに決まったなぁと思います。

聴いているリスナーさんが元気が出るようなメッセージになるように、Voicyや三好さんと相談しながら進めました。
チャンネルやリスナーさんを「応援する」ために、ていねい通販さんがスポンサーについてくださっているので、応援のメッセージが届けば嬉しいです。

あわせて、ていねい通販さんの企業形態に興味があるので、どんな企業であるかや人材育成について触れると思います。
サプリの効能については「みんなに効きますよ」とはお伝えしないですが、私が4月から飲み始めているので「私が感じる感想」については、ある程度、服用期間が経てばお伝えすると思います。

―― 新たなスポンサーが始まりますが、リスナーさんに伝えたいことはありますか?

Voicyのスポンサーは、普通の広告とちょっと違うので「どういった思いでこの企業が応援してくれているのか」という観点で見てもらえたら良いと思います。

また、Voicyのサービスが継続するには「無料」には限界があります。でもリスナーは無料で聞きたいですよね。そんなリスナーさんも含めて、遠回しになりますが「応援」してくれているのがスポンサーです。

余談ですが、スポンサーがつくと「毎日ちゃんと更新しよう」「より有意義な内容にしよう」と思うので、私の怠け心の抑止力にもなります(笑)

―― これはリスナーにとって嬉しいですね(笑)毎朝4時の放送、本当に元気が出ます!引き続き楽しみです!お話ありがとうございました。


ワーママはるさんがVoicyを続ける理由についてインタビューした記事はこちらからご覧ください。

Voicyでは、パーソナリティを応援したい企業スポンサーを募集しています!この記事を読んで「Voicyのパーソナリティを支えたい!応援したい!」と思った方は、以下からVoicyスポンサーの詳細をご覧ください。

▼Voicyスポンサー
https://service.voicy.jp/sponsor

Return Top