Voicy Journal

こんな時だから、スナックを開業しました

こんな時だから、スナックを開業しました

※「スナック」という題名から分かるように、人によっては不快に感じられる可能性のある表現が以下の文章にも含まれております。ご了承ください。

この記事は、Voicyで聞くことも可能です。

フルリモート勤務も1ヶ月半が経ち、段々と慣れてきた頃。

Voicyでは社会的に見るとワンテンポ早くフルリモートにした為、色々な知見が溜まってきた。

今日はその中でも「スナック開業」について話したいと思う。

スナック開業のきっかけ

フルリモートになり「社内のコミュニケーションが減っているなぁ」と悩んでいる会社もきっと多いはず。Voicyもその1社だった。

というか、組織開発をしているCC(カンパニークリエイター)チームは社員交流大好きメンバーが多いため、フルリモート初日最初のチーム議題は迷わずオンライン飲み会をどうするか笑。

当時CCチームで感じていた課題や重要ポイントは以下5点。

  • 1.どうせやるなら面白くしたい。自分たちがまず楽しみたい。
  • 2.オンラインなので社員が参加したくなるようなコンセプトが必要
  • 3.4月1日に入ってきた大量の新入社員たちが緊張しないようにしたい
  • 4.CCチームの新メンバー「郷さん」を皆に周知させたい
  • 5.コンテンツ性を高めて持続性をつけたい

これを飲みながら協議していた。
真面目に最初はゲーム性のあるコンテンツに話がいき、その内容を詰めていたところ、、、1名に異変が。

そう。新入社員の郷さん。
新入社員ということもあり、静かにしおらしくしていたのに

「いえーい!!!フぅー!!!勝村飲んでるかー?!!」

酒乱だ。絶対イジったら面白い。

そうだ。スナックだ。

彼女をママにすれば全て解決する。

そうしてスナック開業が決まったのであった。

そうと決まったらロゴ作成

やるならとことん本気。
神は細部に宿る。それっぽいロゴを決めて皆に周知したい。

けどCCメンバーはデザインできない。
これを外注はアホらしい。
社内デザイナーに頼むのは忍びない。

・・・あ。適任おるやん。
4月1日入社新卒のザッキー。
新卒なら頼みやす、、、ではなく、このロゴを作ったと皆に周知すればザッキーのオンボーディングになる。

そう、これはオンボーディング。

ってな流れでザッキーのtimesへ行って依頼。

新卒だか、、、優秀だから言いたい放題

ザッキーは本当に優秀。すぐにアウトプットをくれる。
ZOOM用の背景まで添えて。

こうしてロゴが出来上がった。

会場はRemoがベスト

次は会場決め。

まずこれまでのランチ会などの経験から下記が分かっていた。

・4〜6名くらいが一番盛り上がる
・人数が多すぎると話さない人が出てくる
・移動がスムーズな方がいい

Zoomのオーナー権限で部屋を割ることや、Housepartyも考えたが、上記双方を確実に満たせるのはRemoと判断。

何よりスナック感がある。

Remoに決定。

コンセプトを決定、そして開店

このまま開店しても、ロゴだけイケてるただのオンライン飲み会。

コンセプトが重要。そしてその配役になり切ることも重要。

初回はママ・チーママ・フロアレディ・黒服に配役を分けて、この4名が自由に動き回りながら全体を盛り上げることに。

もちろん服装から入ります。神は細部に宿る。

この服装から入るのは想像以上に大切。
これをSlackに投げて開店の連絡をいれるだけで参加者のモチベーションが変わるし、本当にこれだけで非日常空間を提供できて、皆とても楽しんでくれた。

当日はすごい勢いで来店があったが、やはり盛り上がると席は固定しがちになる。
これはフロアレディのライバータイムを入れて解決。
席替えを促し、社員交流という本来の目的を達成することを忘れずに。

本人が一番楽しそうであるが、、、

終盤には、ママとおっさん5名という本当にスナック状態も発生。

うん、皆楽しそう。やってよかった。

多少でもコンテンツはアップデートすることが大切

ここからは余談だが、経験上こういったものはすぐに飽きられる。

そのため先週行われた2回目では、今度はCCメンバーの席を固定制にして

濃厚過激がお好みのあなたママ席へ。
まったりをお好みのあなたはチーママ席へ。
キャピキャピしたいあなたはガールズバー席へ。
ディープな相談をしたいあなたはバーテン席へ。

と、テーブル単位でコンセプトを決めて運営。
もちろんそれに合わせて服装も変える笑

今週の3回目は、社長を強制参加させて真剣しゃべり場席を作ろうと思っている。仕事要素を少し強くする。

とにかくアップデートが大切。
少しでも変えましょう。

実際、満足度は?

終了後アンケートの満足度は100%。
2回やって2回とも。
これはかなりすごい数字。

並行でやっているランチ会などは80%前後で推移しているため、やはりコンテンツ性は大切ということが分かった。

リモートを機会にコンテンツ性の高いオンライン社内飲み会をしてみてはどうですか?

普段やっている企業はもちろん、普段そんな文化がない企業も、フルリモートを機会によければ是非。
(大きな声では言えないけど、お金1円もかからないし笑)

※この記事の掲載元はこちら

Voicyのカルチャーに共感してくれた方、Voicyで一緒に「ワクワク」を感じてみませんか?

株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

Return Top