Voicy Journal

【後編】Voicy×ハッカソン「ボイソン」の結果を発表!!優勝者は、UI/UXデザイナー?!

【後編】Voicy×ハッカソン「ボイソン」の結果を発表!!優勝者は、UI/UXデザイナー?!

こんにちは。 カンパニークリエイターの “ はる ” こと高森はるなです!

お待たせしました、ボイソンレポートの後編です。
ボイソンで皆がどんなものを作ったのか、総勢10チームの作品を盛りだくさんでご紹介していきます!

※ 前回の記事をまだご覧になってない方はこちらから↓

ボイソン発表会、開幕!

@2日目

GWが明け、ついに発表会の日がやってきました。

発表会には、ボイソンメンバーだけでなく社内のみんなが参加でき、発表者以外はチャットにてワイワイ盛り上がります!


どんな作品が見れるのかとっても楽しみです!

みんなのボルテージも上がってきたところで、さっそく発表を見ていきましょう!

・チームビンスイ(みっきー)

発表会のスタートダッシュを切ってくれたのは、チーム名からテラハ愛が溢れているテラハ部部長のみっきーさん!……なのですが、みっきーさんのアイディアはまた別の機会に発信するということで、今回はモザイク処理となっております。早くお届けしたい!近日公開予定なので、お楽しみに!笑

・チームHIKIKOMORI(ごろう)

チーム名がタイムリーなごろうさん、なんと、持っているスマートスピーカーの性能があまり良くないとのことで、自らスマートスピーカーを作成したそうです…!

多言語対応とのことで、スマートスピーカーがスペイン語を話し始めたときは、もうすごくテンション上がりました! (ごろうさんも多言語対応なのかな。)
ちなみに作業の中で一番大変だったのは、本体の組み立てだったそうです。笑

・チームや(やっさん)

Voicyと言えばワクワク!ワクワクと言えば冒険!冒険と言えば地図!という連想からボイスマップを作ることにしたというやっさん。マインドマップや日本地図など様々な地図を検討し、結果的に一番面白そうな「宇宙」がテーマになったそうです。

やっさんの「たいよう」という声で、画面に広がった宇宙の中にポンッと太陽が現れたとき、生命誕生の瞬間を見たような気がしました。これは湧くよね。誰かがチャットで言っていたけど、これ学校の授業とかに取り入れたらすごく面白そう!

・チーム中野初たかお行き(たかおくん)

一見ガンプラ作りに励んでいたように見えましたが、実は「音声でお料理ガイド」というすごいものを生み出していたたかおさん。

本や携帯でレシピを見ようと思っても、料理中で手が汚れていると触れないんですよね。それがこのシステムだと声で反応してくれるので、手を使う必要がないという便利さ。画期的!ちゃんとVoicyに連動しているところとか、とっても好きです。
ちなみにボイソン後、ガンプラの方も無事に完成した模様。すごいです。笑

・チームゲームやめたい(こばしゅん)

リモートで他者とのコミュニケーションが減っている中、こばしゅんさんは別のカタチでそこを補うことが出来ないかと音声版SNSを作成したとのことなのですが、なんとこちらも大人の事情で外出しNGとのことだったので、モザイクにてお送りさせていただきます。笑
個人的に、リリースされたらヘビーユーザーになるだろうと思った推しサービスでした!

・チーム皐月(のむのむ)

のむのむさんは、Voicyメンバーがすぐにも利用できるSlackbotを作成してくれました!

Slackに /voicy と入力するだけで簡単に自分の聞きたい社内報を見つけることができるbotになっているのだそう。新しいメンバーが増えたことや、Voicyの社内報が溜まってきたことから考えついたとのことで、のむさんのGive First力に完敗です…!!

・Dance as Code(やまげん、はる)

前編でちらっと話しましたが、私たちのチームはメディアアートを作成しました。わたしは踊っていただけなのですが、やまげんさんの作ってくれた背景が本当に格好良すぎて、自分のチームながら感動…!

今がリモートの状況ということもあり、まだデモしかできてないですが、これだけですでに凄いものができそうな予感がしますよね。本番の撮影がすごく楽しみです!(ダンスもっと練習しよう)

・チーム(๑•̀д•́๑)(くぼた)

チーム名がカワイイくぼたさん。Voicyのパーソナリティ同士が音声通話を通して一緒に収録できるようなシステムを作りたいと話してくれていたのですが、どうやらエラーにハマってしまったとのこと…

実現こそしなかったものの、作成する上で調べたことや、くぼたさんが作りたかったものに類似するツールなどについて聞くことができました。資料が作り込まれていてすごく勉強になりましたし、プレゼンの内容がとにかく充実していて、つい真剣モードで聞いてしまいました…!
何よりもチーム名がカワイイところを推したい!

・チーム花粉症(きょーちゃん)

きょーちゃんさんの作品は世界観がとっても素敵で、メンバーからの共感の嵐。実際にデモを見て、本当に凄すぎて気づいたら大声出てました。笑
こちらの作品は、今後もっと作り込んで外に出す可能性があるとのことで残念ながら非公開なのですが、今後の動きがほんっっとうに楽しみになりました!

・チームスナック郷(みのりー、ごうさん)

最後の発表者は、みのりーさんとごうさん。もともとあるVoicyのサービスを使って、「声の日記帳」をつける方法をスナックのママとフロアレディ風に紹介してくれました。(元ネタはこちら。笑)

三日坊主になりがちな日記をどうやったらもっと楽につけれるか考え、声で日々のことを録音していくという方法にたどり着いたのだそう。なんと掃除しながらでも日記つけられちゃいます…!革命だ…!

大トリにふさわしいプレゼンに、発表を見ていた他のメンバーも大盛りあがり!

とにかくワイワイと発表が行われ、大盛況のうちに第2回ボイソンの幕が閉じました。

かなり盛りだくさんな内容でしたが、本当にあっという間の1時間でした!

優勝は誰の手に?!

ボイソン発表会の後、優勝を決める投票が審査員(全メンバー)によって行われました。
Zoomで発表会の様子を録画し、当日参加できなかったメンバーにもアーカイブで視聴してもらって、投票に参加してもらいました!

激戦が繰り広げられた第2回ボイソンでしたが、果たして結果はどうなったのでしょうか。

、、

、、、、

、、、、、、


ということで、

優勝は、チーム花粉症・UI/UXデザイナーのきょーちゃんさん!!!

おめでとうございます〜!!!(大拍手)

本当に素敵な作品だったので、文句なしの結果になったのではないでしょうか。開発系のイベントでデザイナーさんが優勝するというのも中々珍しいですよね。
事業化も検討していくということで内容お見せ出来ないのがとっても残念です…。

▼優勝したきょーちゃんさんのコメント

(きょーちゃん)正直、ボイソンを通して皆で作業すること自体がすごく楽しかったので、あまり勝敗とかは意識していませんでした。でもいざ優勝出来たとわかって素直に嬉しかったですし、何より自分のアイディアに対して皆が共感してくれたことが嬉しかったです。
今回は個人で参戦したのでそこまで仕組みの難しいものは作れなかったのですが、次回ボイソンが開催されるとしたら、開発メンバーとチームを組んでプロジェクト立ち上げて、それこそ事業化を目指せるようなアイディアをかたちにしていきたいです!

きょーちゃんさん、おめでとうございました!

優勝賞品はなんと、アマゾンギフト券5,000円分だそうです!最高!

Voicyに入社してから初のイベント参加(しかもリモート)ということで、最初はハラハラしていたのですが、ボイソンのおかげでいろんなメンバーとの交流が生まれたり、Voicyカルチャーを肌で感じることができて、すごく良いスタートが切れたんじゃないかなと思っています。

なによりエンジニアを始めとしたクリエイターたちの作ることに対するワクワクや熱量、勢いを感じられて、こっちまで本当にワクワクしました。

あと、実際に使ってみたい作品ばかりだったので、ぜひこのままさせて完成まで持っていってほしいです。私のチームはやまげんさん気合い入ってるから実現しそうな予感…楽しみ!

個人的に、エンジニアさんやデザイナーさんとタッグ組んでアイディアを具体化していけるという体験をしたのが初めてだったので、すごく良い経験になりました!

実は私もやってみたいことがあるので、今から第3回ボイソンが待ち遠しいです…!
以上、最後まで読んでくださってありがとうございました!

Voicyに興味を持ってくれた方はぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

Return Top