Voicy Journal

新聞社・自治体が音声市場へ参入するメリットとは?〜オンラインセミナーレポート 2020.5.26〜

新聞社・自治体が音声市場へ参入するメリットとは?〜オンラインセミナーレポート 2020.5.26〜

こんにちは、Voicy広報の松居です!

5月26日に、Voicy初となるオンラインセミナーを開催しました。
新聞社・自治体を中心に多くの方にご参加いただいた今回のセミナーの内容をレポートします!

【新聞社・自治体向け】盛り上がる音声市場にいま参入するメリットとは?presented by Voicy

今回はVoicyメディアプロデューサーの眞嶋が登壇をさせていただきました。
普段はVoicyの法人チャンネルやイベントの企画開発などを担当しています。

このセミナーは①音声市場について ②ボイスメディアVoicyについて ③質疑応答 の三部構成で実施しました。音声市場やVoicyについて理解を深めた上で、自社の課題と照らし合わせ、音声による課題解決の糸口を見つけていただけたらと思い、あえて「正解を伝える」のではなく「問いかけ」という形でお話をさせていただきました。

というのも、日本の音声市場自体がまだまだ発展途上です。

音声で事業をおこなう私たちVoicyでさえも、「これをやれば必ず成功する」という答えを持っているわけではありません。Voicyが培った知見やノウハウを共有した上で、Voicyと一緒に音声配信挑戦してみたい!と思っていただけたら幸いです。

1.音声業界について

まず、いま非常に注目されている音声市場についてお伝えしました。

アメリカや中国では30%近い人々が少なくとも月に1回は音声配信サービス(Podcast)を聴いています。スマートスピーカーやワイヤレスイヤホンの普及も後押しとなり、日本でもやがて音声の時代が来ると言われています。

2019年5月の国内版「音声配信サービス市場カオスマップ」ここ1年で更に増えています!

2.ボイスメディアVoicyについて

左は「オウンドメディア」右は「声の社内報」の説明スライド

Voicyの法人向けサービス「VoicyBiz」には、Voicy上で誰でも聴けるオープンな「オウンドメディア」と、社員や一部のコミュニティだけが聴けるクローズドの「声の社内報」があります。

新聞社や自治体などの法人の方は、VoicyBizのプランに則ってチャンネルを開設していただくことになります。

3.質疑応答

質疑応答は事前のアンケートと、Q&Aへの書き込みで募集しました。

参加者の方の顔が見えない中でのセミナーだったので反応があるかどうか不安だったのですが、多くのご質問をいただき、皆さんが音声業界に興味を持っていただけた様子が伺えて安心しました!

音声業界についてもっと詳しく知りたい方へ

Voicy代表の緒方が音声業界のことを詳しくまとめています。 ぜひこちらも併せてお読みください!

第一弾「音声メディア」市場はなぜ拡大するのか?──米国・中国の最新事例に学ぶ【2020年版】 https://note.com/ogaken/n/na4b0c2d5d370

第二弾音声エンゲージメントの可能性──インフルエンサー・企業の最新事例から考える 【2020年版】 https://note.com/ogaken/n/n023f6f2204c4

第三弾「Voicyはデカいこと考えてんねん」という話
https://note.com/ogaken/n/n90d7deb6e32a

次回は【出版社向け】セミナー開催決定!

おかげさまでVoicy初となるオンラインセミナーをなんとか開催することができました。

今回は新聞社・自治体の例に絞ってお話ししましたが、他の業界の方にもVoicyを活用してほしい!ということで、来月も開催します!

次回は「出版社向け」のセミナーとなります。(出版社以外の方もお待ちしております!)

▼チケットのご予約はこちらから!

この記事を書いた人

松居 菜津子
2020年4月入社のVoicyの広報・PR担当。好きなVoicyのチャンネルは『ぴあ 映画のトリセツ』と『ワーママはるラジオ』。
Return Top