Voicy Journal

EXに、音声体験を。〜VoicyならではのVoice Employee Experienceを大公開!〜

EXに、音声体験を。〜VoicyならではのVoice Employee Experienceを大公開!〜

こんにちは!
Voicyカンパニークリエイターの”みのりー”こと水橋美の里です。

今回は、以前公開された上期のMVPに関する記事の続編!半期に一度のキックオフのタイミングで行った「音声を使ったEX」について紹介したいと思います。

そもそもEXとは、

Employee Experienceの略で「従業員が働くことを通じて得られる体験」のこと

を指します。

Voicyでは今年からEXに注力し始め、

  • ・月2回以上の社内イベント
  • ・入社オンボーディングの強化
  • ・1,3,6,12,18,24ヶ月面談
  • ・人事評価制度の導入
  • ・VEX(Voice Employee Experience)

などなど、まだまだここには書ききれないくらいの施策を打ってきました。(施策についてもっと詳しく知りたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください!次回以降記事にします!)

そのうちの一つの施策に「VEX(Voice Employee Experience)」というものがあり、Voicyのチャンネルを使い、音声によって社員のEXを高めることを目的としています。具体的にはVoicy社員全員が「自分だけ聞くことができる、自分だけのチャンネル」を持っていて、

  1. 入社前に送る「声の内定通知」
  2. 入社初日のオンボーディング中に聞いてもらう「入社ウェルカムメッセージ」
  3. 半期ごとの目標設定時に半年後の自分に向けて送る「未来の自分へのメッセージ」

を音声で収録するというエモい施策になっているのですが、今回はこっそりその個人チャンネルに、同じチームのメンバー1人1人から「MVP受賞祝福の言葉を生の声で」収録してもらいました!!

通常の会社だと、表彰時にチームの上司からのメッセージのみ送られることが一般的かと思いますが、Voicyでは表彰の時間だけでなく、その後も受賞の余韻に浸れるという素敵な施策になっています。笑

祝福メッセージの内容は人それぞれ。面と向かっては言いにくい日頃の感謝だったり、ちょっとウケ狙いなことを言ってみたり、効果音を使ってオリジナリティを出してみたり。
手書きや、チャットでは伝わらないような、感情が伝わる暖かいメッセージが各受賞者に届けられました。

(右下のQRコードから、受賞した本人にだけがアクセスできるVoicyチャンネルに飛ぶことができます。)

チームメンバーに音声メッセージをもらった二人からは
『メンバーからのおめでとうをイヤホンから聞くのは想像以上にエモいです!声だからこそ伝わる気持ちもあって嬉しかったです!』
『予想してなかったので、とても嬉しかったです!こういったメッセージをもらうことで、自分も積極的にメンバーに感謝の思いを伝えようという気持ちになりました!』
という感想をいただきました。この記事を読んでいるあなたにも、この体験を味わっていただきたい…!!

社内のメンバーにもシナジーを

また、上記の施策だけではなく、社内のメンバーにももっと相乗効果を生めないだろうか、と考えた時に出てきた案が、Voicyの社員のみ音声で聞くことができる「表彰者インタビューチャンネル」の作成でした。

こちらのチャンネルには、

  1. キックオフの表彰式当日の現場の音声撮って出し
  2. 表彰者の後日インタビュー

が収録されています。

表彰当日は時間も限られていますし賞の発表はサプライズのため、その場で自分の想いをコメントに乗せて伝えるのはなかなか難しいですよね。
そのため、表彰者には「後日インタビュー」を行い、表彰式当日では語りきれなかった受賞に当たっての気持ち・受賞の要因・仕事をする上で大切にしていることなど、前回公開した記事には書ききれない細かい話や、社員にしか伝わらないようなニッチなネタも、上記クローズドチャンネルには収録されているのです!

インタビューからは、いつも2人がこんなことを考えて、Voicyのために一生懸命働いてくれているんだなということが伝わり、(私も次回のMVPを目指すぞ!!)とモチベーションがとても上がりました!また、業務の中でもちょっとした遊び心も入れているとのこと。やっぱり、遊び心も大事ですよね♡

最後に

今回は、Voicyで行っている「音声のEX」の一部をご紹介致しました。私たちカンパニークリエイターチームはこれからもEXを高めるための施策を考えていきます!

次回は今年に入ってから注力し始めた「Voicyのオンボーディング施策」について記事にしてみようと思いますので、Voicy Journal や Wantedlyの更新をチェックしていただけますと幸いです。

Voicyに興味を持ってくれた方はぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

Return Top