Voicy Journal

言われたことだけやっていた私が、自走出来る労務になれた場所

言われたことだけやっていた私が、自走出来る労務になれた場所

Voicyで働く仲間をご紹介します!

今回は、労務の郷原 実代にインタビューしました。
Voicyへのアツい想いや、仕事への価値観などを語ってくれています。

\こちらの記事を声でも楽しむことができます/

Voicy上のチャンネルでも郷原が熱い想いを語っています。
ぜひ彼女の人柄を感じながら、Voicyのことを知ってみてください!

郷原 実代(Miyo Gobara)/労務
 海運会社、福祉会社、不動産会社、制作会社とこれまで4社で人事職に従事し、労務や総務、経理、採用など幅広い業務を経験。2020年4月に労務としてVoicyへ参画。
 遠出や旅行が好きで友人とともによく国内旅行に行っている。最近は新型コロナウイルスの影響から家にいることが増えたため、映画鑑賞が新たな趣味に。お酒を飲むのが大好き。

Voicyは人間力の高い人材の集合体だと思った

Voicyへの入社のきっかけ・決め手は何でしたか?

選考を通して、自分が働きたい環境だと気づいたからです。

当時転職活動をしている中で既に内定をもらった企業もありました。最終的にどこへ入社するかを決断するフェーズが迫っていました。改めて一社一社に向き合い自分の希望と照らし合わせたとき、Voicyが最もマッチしていると感じたんです。

私は、現状維持より変化に富んだ環境で成長していきたいと考えており、役職や立場に関係なく一人一人が意思決定でき、協力し合いながら同じゴールに向かって進んでいけるような風土がある組織だったら刺激的だろうと感じたんですよね。

Voicyはまさに、皆で一緒に会社をつくっていける組織だと思いました。トップの人間のやり方・考え方が組織に大きな影響を与えると思いますが、代表の緒方が社員の意見をとても尊重してくれる人なんですよね。
またメンバーもプロ意識が高く、バリューであるmake value精神やGive first精神をもって主体的に行動する人への称賛文化が根付いており、人間力の高い人材の集合体に可能性を感じました。自分もこの環境に揉まれながらもっと価値を高めていきたい、そう思ったことがVoicyへの入社に繋がりましたね。

常に“社員ファースト”な意思決定

現在どんなお仕事をされていますか?

労務として、社会保険手続や給与計算、就業規則や各種規定の改訂などの様々な業務を行なっています。最近ではフレックスタイム制度やリモートワークの導入、コロナ禍における助成金の申請などを対応していました。
現在は今後の組織拡大にも耐えうる労務管理体制を整備をしています。

また労務以外にもカンパニークリエイターとしての社内イベントの企画〜運営をやらせてもらったり、営業事務としてメディア開発チームのサポートを担当させてもらうなど新鮮な業務が多くとても面白いですね。
営業事務に関しては、他チームの動きを肌で感じられるという貴重な機会になっています。

仕事のやりがいや、大切にしていることはなんですか?

Voicyへは労務の立ち上げとして参画しました。経験したことのない業務が多くインプットの連続で大変ですが、新しいことにチャレンジ出来る環境だからこそそれを習得していくことにすごくやりがいを感じています。業務幅は広いですが、仕事の中でいつも新たな発見があって新鮮ですし楽しいですね。

あと常に「誰のための仕事なのか。」を念頭に置くことを大切にしています。Voicyでは新制度の導入などを行うとき、社員が仕事に専念できるか、仕事をしやすい環境設計かどうかという点が最も大きな判断軸となるため、その条件や基準を満たしているか重要になるんですね。
正直、会社だけにメリットのある体制を整えることってすごく簡単なんですよ。ただ、それをせずに社員ファーストで意思決定をするというVoicyの色をしっかりと体現出来るよう、労務の仕事一つ一つにおいて意識し、より社員の働きやすい労働環境を提供するべく業務にあたっています。

ギャップに圧倒されながらも感じた自身のポジティブな変化

実際にVoicyに入社してみて感じていることはありますか?

正直ギャップだらけです。笑

そもそもIT企業が初めてなのでエンジニアさんがいるのが新鮮ですし、音声という領域も知らないことばかりでワクワクします。
社員の声がこんなに大きく組織づくりに影響を与えている会社も経験ありませんね。

これまではトップダウン型の組織にいてあまり主体性を意識せずに“言われたことをやる”という働き方が当たり前でしたが、Voicyは真逆なので最初はかなり戸惑いましたね。経営とバックオフィスがしっかり役割分担されているため裁量が大きく、何をどうやるのかを自分で考えて行動に起こしていく必要がありました。
入社後は他のメンバーの主体性に圧倒されていましたが、現在は徐々に自分自身も当事者意識を持って物事を進めていくことの重要性を感じるようになってきました。
Voicyに入ってから、自分も良い方向に変わっているなと思えるようになりました。

今は世の中が労働者ファーストな時代になりつつあると思っていて、会社もその流れに適応していくことが求められてくると思うんです。トップが社会の流れを理解し、レガシーな考えをどんどんアップデートしていけることは会社にとって大きな価値であると思います。
中小企業やスタートアップでは、情勢を踏まえつつ労使にとってベストな労働環境を設計することは厳しいですが、Voicyでは従業員ファースト・変化に受容的だからこそ実現できると考えています。

Voicyで働く魅力はなんですか?

魅力的なメンバーが多いです。一人一人のキャラクターが尊重される環境なので皆の個性が色濃く出ていますし、スタートアップで先行きがわからない中でどんな変化にも前向きに立ち向かっていく姿勢を持っているメンバーが多く心強く感じています。

あとMVVがしっかりと浸透していて、皆それを理解しポジティブに前進させていくスタンスを持っています。
全メンバーが集まる月次ミーティングでは質問や意見が飛び交い当事者意識の高さを目の当たりに出来ますし、真面目なシーン以外でも例えば表彰式をめちゃめちゃ盛り上げてくれるなど「この時間を皆で良いものにしよう!」という姿勢を感じるとても良い時間です。

一人一人のスタンスはもちろんチームを越えた仲の良さも魅力で、みんなの温度感や見ている方向が揃っているので一体感があり、それが私にとってはすごく心地良いんですよね。

今後の目標や実現したいこと、チャレンジしたいことはなんですか?

今後、増員を視野に入れた衛生管理体制の強化、組織拡大に耐えうる労務整備の強化を目標として掲げています。
労務の仕事はどうしても決まりごとが多くなってしまうためメンバーとの摩擦が生まれやすい側面があるのですが、如何にメンバーに理解してもらいお互いが気持ちの良い制度や環境をつくっていけるかを重点に置いて、メンバーを巻き込み目線を合わせつつ労務としての責任を果たしていきたいと思っています。

また現在既に労務以外の仕事を任せてもらっていますが、今後も様々な業務に触れながら、会社への理解をより深めていきたいです。職種によって働き方や繁忙期は異なりますが、だからこそ他チーム動きを理解出来ればより良い労務サポートや未来への組織構築に繋がると思うんですよね。
そのためにも現場に近い場所でもっと色々なことに携わっていきたいです。

もちろん労務としてのインプットもどんどんやっていきます。
私が「郷さんがいれば大丈夫。」と言ってもらえるような人間になれたらVoicy自体が組織としてもっと強くなると思うので、一歩ずつその理想像へ近づいていきたいですね。

Voicyに興味を持ってくれた方はぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

Return Top